09:14 2020年09月26日
国際
短縮 URL
0 03
でフォローする

158人の命を奪ったレバノン・ベイルートの爆発事件では4万棟以上の建物が被災したほか、20万戸以上のマンションで窓ガラスが割れるなどの被害があった。アラブ首長国連邦の衛星テレビ、アルアラビアがレバノン政府の発表をもとに報じた。

今回の爆発事件では4万棟以上の建物が被災したほか、20万戸以上のマンションで窓ガラスが割れるなどの被害があった。被災した建物の一部は崩壊の可能性が指摘されている。

爆発のあったベイルート港付近は歴史的に重要な場所であることから、レバノン政府は貴重な建造物を含め、再建する必要性を指摘している。


4日、ベイルートの港で大規模な爆発が発生し、その際に生じた爆風が街を襲った。最新情報によると、158人が死亡した。爆発の影響からたくさんの建物が壊れ、窓ガラスが割れる事態となった。ベイルート港では硝酸アンモニウム2,750 トンが6年間にわたって安全対策を施されないまま貯蔵されており、今回の爆発を引き起こしたと見られている。

ベイルートでは8日、数千人が反政府デモに参加し、政府の退陣や改革を要求した。デモは大規模な衝突に発展し、デモ隊は4つの政府庁舎と銀行協会のビルを占拠した。内務省は、治安機関職員1人が死亡したと発表した。

関連ニュース

タグ
レバノン
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント