16:54 2020年09月29日
国際
短縮 URL
0 57
でフォローする

米国のトランプ政権とコソボ及びセルビアの各政権がノーベル平和賞に推薦された。リチャード・グレネル特別代表がツイッターで発表した。

推薦の理由は、米ワシントンで行われた会談でセルビア代表団とコソボ代表団が達した経済関係を正常化する歴史的合意。トランプ大統領はこの合意の仲介者となった。なお、セルビアはコソボの独立承認を拒否した。

​セルビアとコソボは、米国に続いて大使館をエルサレムに移すことでも合意し、これによってエルサレムをイスラエルの首都として認めた。

9日、イスラエルとアラブ首長国連邦(UAE)の関係正常化の仲介や、イスラエルとパレスチナの和平案などに対し、トランプ大統領がノーベル平和賞に推薦されたことがわかった。

関連ニュース

米国、アフガン駐留米軍の削減時期を発表

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント