07:43 2020年10月27日
国際
短縮 URL
0 01
でフォローする

世界保健機関(WHO)は25日、インフルエンザワクチンの需要の増大から、北半球の一部の国ではワクチンを追加で入手することが困難になっていると発表した。ロイターが報じている。

WHOは新型コロナウイルスとインフルエンザの同時流行が起こる可能性を警告。米CNNによると、WHOは8月の段階でインフルエンザの予防接種を受けるように呼びかけてきた。

WHOのインフルエンザ担当部局のトップ、アン・モーエン氏は25日、国名は明かさなかったものの「一部の国では追加のワクチン入手に苦慮している」と述べた。

WHOは8月、南半球の国々では今シーズンのインフルエンザの流行は抑制傾向にあると発表。ソーシャルディスタンス(社会的距離)などの新型コロナウイルス感染予防対策の実施が、インフルエンザの流行を防ぐ役割を果たした可能性があると指摘していた。

関連記事

タグ
WHO
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント