20:40 2021年07月24日
国際
短縮 URL
0 01
でフォローする

在ドミニカ共和国ハイチ大使館は、大統領公邸襲撃事件によってモイーズ大統領夫人が死亡したという情報を否定した。ドミニカ共和国のディア紙が報じた。

これに先立ってTelesur テレビは、大統領夫人は襲撃で致命傷を受け、死亡したと報じていた。ハイチ大使館のスポークスマンらは大統領夫人の容態は安定した兆候を見せていると発表している。

ハイチ大使館によれば、ポルトオ・オ・プレンス空港には夫人を治療のために国外に搬送するための飛行機がすでに準備されている。

今日、7日、モイーズ大統領は公邸が襲撃された際に暗殺された。モイーズ氏は2017年2月7日に大統領に就任している。

モイーズ氏は今までにも命が狙われており、今年2月にもクーデター、暗殺未遂事件が警察によって未然に防がれている。

関連ニュース

タグ
事件
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント