20:42 2021年09月24日
国際
短縮 URL
0 30
でフォローする

北アフリカで活動するイスラム主義の過激派テロ組織「ボコ・ハラム」の戦闘員、およそ6000人が直近の数週間でナイジェリア政府に投降した。ナイジェリア国防省が発表した。

ナイジェリア国防省によると、直近の数週間で5890人以上の戦闘員が政府に投降したという。中には、家族とともに投降する司令官もいるとのこと。

ナイジェリア国防省は8月12日から9月2日にかけて大規模な軍事作戦を遂行し、その結果として戦闘員の多くが投降を開始したという。

また政府軍は戦闘員が所有していた軍事兵器を押収したほか、協力者の逮捕にも成功した模様。


2015年3月、テロ組織「ボコ・ハラム」グループはイスラム国(IS、ロシアで禁止)への忠誠を誓い、「『イスラム国』の西アフリカ州」に改名。欧米の価値観に反旗を翻しているほか、国内全土で「シャリーア」(イスラーム法)の導入を主張している。

ニジェール、カメルーン、チャドなど、ナイジェリアの周辺国はボコ・ハラムを敵視しており、治安当局との間で交戦が続いている。

関連ニュース

タグ
アフリカ, テロ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント