20:09 2021年09月24日
国際
短縮 URL
0 20
でフォローする

スウェーデン公共放送SVTによると、「Global Vault Music」プロジェクトの主催者が何世紀にもわたって音楽を保存する超安全なリポジトリをスヴァールバル諸島に建設する用意を進めている。このプロジェクトは、世界終末のためだけでなく、今日すでにさまざまな理由で永久に消失するおそれのある作品を救うために計画された。

タリバンが音楽を禁止=アフガニスタン
© AP Photo / Mark Andries/U.S. Marine Corps
極地のスヴァールバル諸島では2008年にすでに世界の主要な農作物のグローバルな種子保管庫が建設されている。しかし、人類が生きていくためには心の糧が必要であり、そのためにも音楽は消滅の危機から守られなければならない。プロジェクトの考案者たちは、音楽の保存とアーカイブの詳細についてまだ明らかにしていないが、耐久性のある光学フィルムに記録されたバイナリコードや高密度のQRコードなどの特殊な技術が使用されるということだけ述べている。安全な音楽用保管庫は地下300メートル以上に設置される。

SVTによると、音楽団体は、保存すべきもっとも重要な音楽を「終末保管庫」に送ることができるという。また、今日すでに完全に消滅するおそれのある音楽にも注意が向けられている。作曲家のアルフォンス・カラブダ氏は、文化人や音楽家の90%が殺害されたカンボジアの悲劇について言及した。同氏によれば、同じようなことが今のアフガニスタンでも起こりうるという。

先に通信社「スプートニク」は、アフガニスタンでタリバンがすでに音楽に対する破壊を開始していると報じた。タリバンによりフォークシンガーでミュージシャンのファワド・アンダラビさんが殺害されている。

関連ニュース

タグ
音楽
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント