11:27 2021年10月16日
国際
短縮 URL
筆者 :
日産ゴーン事件 (82)
0 84
でフォローする

保釈中に中東レバノンへ逃亡して国際手配されている日産自動車の元会長カルロス・ゴーン容疑者はNHKの取材に応じた中で、「99%以上が有罪になる日本の刑事裁判で自分を守ることはできないと思った」と発言し、自身の国外逃亡を正当化した。

ゴーン容疑者は金融商品取引法違反と特別背任の罪で逮捕・起訴され、保釈中の2019年12月に大型の箱の中に隠れ、プライベートジェットで中東のレバノンに逃亡した。逃亡後、ゴーン容疑者はNHKのインタビューにオンラインで応じた。

インタビューの中で、容疑者は逃亡の動機について「日本の刑事裁判は、99.4%が有罪になると知って自分を守ることができないと思った。迫害され、家族も不当な扱いを受けるなか、自分の身を守るには日本を離れるしかなかった」と逃亡を正当化する発言を行った。

また、レバノン政府が身柄の引き渡しに応じる可能性があるかについて質問すると、「私はレバノン市民で引き渡しはありえない」と主張、「私を裁判にかけたいなら、日本の検察はレバノンで裁判を受けられるよう捜査資料をレバノン当局に送ればいい。しかし、日産との陰謀によって仕組まれた起訴だとばれるので、できないのだろう」と持論を展開した。

東京地方検察庁はゴーン容疑者の主張は事実に反しているとしたうえで、日本で裁判を受けさせるため関係機関と連携する姿勢を示している。

関連ニュース

トピック
日産ゴーン事件 (82)
タグ
日本, カルロス・ゴーン
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント