W杯日本代表 対ポーランド戦のつまらない試合に謝罪

W杯日本代表 対ポーランド戦のつまらない試合に謝罪

© REUTERS / Sergio Perez
サッカーW杯2018のニュース
短縮 URL
2610

日本代表はサポーターに対して、グループステージ最後の対ポーランド戦がつまらない試合に終わったことを謝罪した。この試合に出場の機会のなかった本田圭佑選手が謝罪声明を表した。

スプートニク日本

28日のボルゴグラードでの対ポーランド戦は0対1でポーランドが勝利した。この試合を観戦していたサポーターからは時間を引き延ばす、切れの悪いプレーにブーイングの嵐が湧いた。

本田選手は、自分たちは課題をこなしたのであり、これは一番重要な局面の試合だったと説明し、先の2試合で十分な得点を獲得し、よいプレーを見せることができたものの、この試合に「面白いサッカーを見たかったファンには申し訳なかったと思う」と語った。

「大事なのは結果。予選(1次リーグ)通過が目的だったので、出ていた選手には少し酷な部分があったけど、非常にポジティブな結果だったと思う」とたたえた。

Hグループで日本はセネガルとともに4点を獲得し、2位を占めることになった。同点である場合、イエローカード、レッドカードの数、つまりファール・プレー得点によってランクが決められる。日本代表は3試合で4枚のイエローカードを表示されたことから、セネガルよりも上のポジションをとることになった。

タグ
サッカー, 2018年のロシアW杯
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント