登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

プーチン大統領、1999年 大統領就任当時、大きな圧力を 受けていた

© Sputnik / Alexei Druzhinin / フォトバンクに移行プーチン大統領
プーチン大統領 - Sputnik 日本
フォローする
プーチン大統領は「ロシア」テレビ放映の映画「大統領」のために取られたインタビューで、1999年、首相に初就任した際、かなり大きな圧力を受けていたことを明らかにした。ロシアのメディアが報じた。大統領はどうやって圧力を跳ね返したかについては言及していない。

プーチン大統領 - Sputnik 日本
プーチン大統領:米諜報機関はカフカスのテロリストと直接接触した
大統領在任15年を記念したインタビューでプーチン大統領は、1999年、ロシアはオリガルヒ(新興財閥)にほぼ支配された状態にあったという記者のセリフに同調した。

「首相を務めていた私に(当時、大統領だった)エリツィン氏が大統領職を渡すというために、ホワイトハウスの私の執務室を訪れた際、そのうち(新興財閥)の何人かが私の目の前に座っていてこういいましたよ。『あなたね、ここで大統領をやる日は決してきませんよ』とね。」

これに対してなされた返答は、プーチン氏いわく、「まぁ、見ていなさい」だった。

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала