登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

2030年までに日本のエネルギーに 占める原発の割合は22%に

© AP Photo / Kyodo News2030年までに日本のエネルギーに占める原発の割合は22%に
2030年までに日本のエネルギーに占める原発の割合は22%に - Sputnik 日本
フォローする
28日、日本の経済産業省の諮問機関「総合資源エネルギー調査会」の専門委員会は、2030年時点での望ましい電源構成案を公表した。それによると原子力発電の比率は20-22%となり、太陽光など再生エネルギーの比率は22-24%に引き上げられた。

日本で福島第1原発用の新たなロボットのテストが行われる - Sputnik 日本
福島第1 「凍土壁」の試験作業始まる
これにより原子力エネルギーの割合は、2011年の福島第一原子力発電所での事故発生前の28%から20-22%と低くなり、太陽光・風力などの代替えエネルギーによる発電量は2013年の10%から2倍以上の22-24%になる。

同時に、国の電力構成における天然ガスや石炭の割合も、2013年の88%から2030年までには56%に低減される計画だ。

2011年3月に福島で原発事故が起こるまで、日本の電源構成における原発の割合は、28.6%だった。

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала