経済誌「フォーブス」によれば「外国人投資家隊はロシアから多くの利益を期待」

世界有数の経済誌「フォーブス(Forbes)」のケネス・ラポサ評論員は、世界で形成された経済状況を性格付け「ショックが生じ、市場が崩壊しているが、ロシアは常に元へと戻る事に成功している」と指摘し、次のように続けた―

「クリミアのロシアへの統合により、2014年3月、対ロシア制裁が導入されて以来、ルーブルは、自分の価値を回復するに至った。もし原油価格が、今後安定化すれば、ルーブルは2年未満で完全に回復するだろう。」

フランスの政治学者:対ロシア制裁は1年後に意味を失う - Sputnik 日本
フランスの政治学者:対ロシア制裁は1年後に意味を失う

また経済誌「フォーブス」の中で、約2.5億ドルの価値の資産を管理するオランダ企業のディレクター、アレント・テイセン氏は「ロシアを傷つけることは難しい。それゆえ制裁は機能していない」と指摘した。

経済誌「フォーブス」は、記事の中で「ロシアの国家債務のGDPに対する割合が低いおかげで、ロシア経済は、ショックに耐える事が出来ている」と指摘した。

ウクライナ東部での紛争、そして導入された制裁や原油価格の低迷にもかかわらず、ロシアはますます「投資家達が寵愛する国」であり続けている。例えば、CFA Instituteが実施した調査によれば、投資家達が最も大きな利益を期待している国としてロシアは、米国や中国、インドと並んでベスト4入りしている。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала