米議会下院、NSAによる電話通信の網羅的傍受を禁じる

米議会下院は特務機関による電子通信情報の網羅的収集という現在の慣行を停止させる法案を承認した。

携帯電話 - Sputnik 日本
米議会、国民の通話盗聴に終止符が打てるか
賛成338人、反対88人だった。米国の国家安全保障局(NSA)による情報収集方法は見直されることになる。NSAの傍受プログラムについては元職員エドワード・スノーデン氏によって明らかになった。

法案が採択されたことによって、NSAは電話通信の大規模傍受を行い、およびそれに関する情報を保管する権限が停止される。情報の保管は今後、電話通信会社自身が行うことになる。特務機関は以後、通信の詳細を取得するには、特別裁判所の結果が必須となる。

法案はこれから議会上院の公聴会に送られる。上院には強硬な反対者がいる。法律が上院で採択されたのちには、オバマ大統領の調印がなされる。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала