ドネツク、深夜の銃撃の爪痕

ドネツクは5月18日から19日にかけての深夜、再び激しい集中攻撃にさらされ、死者1人を出した。

ドネツク人民共和国義勇軍のエドワルド・バスリン副司令官は、ウクライナのシロビキがドネツクの居住区を深夜に銃撃したことについて、ミンスク合意を破らせようという煽動と非難。

© Sputnik / Igor Maslovドネツク、ウクライナ軍の銃撃で破壊された家
ドネツク、深夜の銃撃の爪痕 - Sputnik 日本
1/6
ドネツク、ウクライナ軍の銃撃で破壊された家
© Sputnik / John Trastドネツク、消防署職員とウクライナ軍の銃撃を受けた家の住人
ドネツク、深夜の銃撃の爪痕 - Sputnik 日本
2/6
ドネツク、消防署職員とウクライナ軍の銃撃を受けた家の住人
© Sputnik / John Trastウクライナ軍の銃撃で破壊された家の住人
ドネツク、深夜の銃撃の爪痕 - Sputnik 日本
3/6
ウクライナ軍の銃撃で破壊された家の住人
© Sputnik / John Trast壊されたアパートに立つ女性
ドネツク、深夜の銃撃の爪痕 - Sputnik 日本
4/6
壊されたアパートに立つ女性
© Sputnik / Igor Maslovこのアパートには152ミリ口径の銃弾が撃ち込まれた。
ドネツク、深夜の銃撃の爪痕 - Sputnik 日本
5/6
このアパートには152ミリ口径の銃弾が撃ち込まれた。
© Sputnik / John Trast消防署の職員が居住区の破壊されたアパートにたたずんでいる。
ドネツク、深夜の銃撃の爪痕 - Sputnik 日本
6/6
消防署の職員が居住区の破壊されたアパートにたたずんでいる。
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала