18:34 2020年03月29日
写真
  • スクーターで街を走る武漢市民
    アップデート: 2020年03月28日 10:45
    2020年03月28日 10:45

    来月8日、封鎖解除 日常が戻りつつある中国・武漢

    今や世界的大流行(パンデミック)となった新型コロナウイルスの震源地、中国湖北省武漢市。今年1月下旬、市当局は感染拡大を防ぐため交通機関を停止し、市民に自宅待機を呼びかけた。しかし、最近は新たな感染者が減少したことから、湖北省当局は来月8日に封鎖の措置を解除することを発表した。

    14
  • 空のガスボンベを運ぶラバ(ネパール・ナムチェバザール)
    アップデート: 2020年03月27日 20:15
    2020年03月27日 20:15

    今週のベストショット 3月21日―3月27日

    スプートニク日本は、世界の通信社の特派員がこの一週間で配信した最も興味深くホットな写真の数々を皆さんに御紹介します。

    20
  • 「家に留まって」(南アフリカ・ケープタウン)
    アップデート: 2020年03月26日 22:15
    2020年03月26日 22:15

    慌てないで、家にいて:街中でみかける呼びかけ

    24日、インド政府が国内全土を封鎖することを発表したことにより、今や世界の全人口の3分の1が外出制限を課される事態となった。また、イタリアでは外出禁止令違反者への罰金を最大で35万円に引き上げるなど、厳しい姿勢がとられている。そんな世界各地で、市民を家に留まらせようと呼びかける看板が多数登場している。

    16
  • 在宅勤務のIT専門家(ハンガリー・ブダペスト)
    アップデート: 2020年03月25日 18:55
    2020年03月25日 18:55

    各国の在宅勤務事情

    新型コロナウイルスの影響をうけ、世界各国では在宅勤務(リモートワーク)を積極的に導入する企業が増えたり、休校となった教育機関ではオンライン授業が採用されたりしている。いつもとは違う環境でそれぞれのタスクをこなす人々の様子をスプートニクでご紹介。

    12
  • 満開の桜の下で写真を撮る家族(米国・ワシントン)
    アップデート: 2020年03月25日 11:00
    2020年03月25日 11:00

    春はすぐそこ:各国で桜が満開 色づく街並みを堪能

    新型コロナウイルスの感染拡大が続く中でも、少しずつ春の足音が聞こえてくるようになった。日本では日中10度以上になる日もあり、14日には東京で観測史上最も早く桜が開花。各国でも街並みが綺麗に色づく季節となった。

    15
  • フェンスによじ登る猿
    アップデート: 2020年03月24日 17:55
    2020年03月24日 17:55

    タイ・ロッブリー県の名物 サルたちは今

    観光王国のタイは現在、新型コロナウイルスの影響により大打撃を受けている。観光客に人気の店や娯楽施設も一時閉鎖となり、街は活気を失った。そんな中、国内中部に位置するロッブリー県では、がらんとした街並みの中、名物の猿たちの姿がより一層目立つようになった。

    12
  • がれきに潰された自動車
    アップデート: 2020年03月23日 19:20
    2020年03月23日 19:20

    140年来の規模 クロアチア・ザグレブでの地震 現地の様子

    22日、クロアチアの首都ザグレブでマグニチュード5.4の地震が発生し、数軒の建物の倒壊や教会の一部が損壊するなどの被害が出た。この規模の地震がザグレブで起きるのは実に140年ぶりだという。

    12
  • マスクをしたバス(ウクライナ・キエフ)
    アップデート: 2020年03月20日 18:30
    2020年03月20日 18:30

    今週のベストショット 3月14日―3月20日

    スプートニク日本は、世界の通信社の特派員がこの一週間で配信した最も興味深くホットな写真の数々を皆さんに御紹介します。

    19
  • カナル・グランデにかかるコスティトゥツィオーネ橋
    アップデート: 2020年03月18日 22:15
    2020年03月18日 22:15

    人が消えたベネチア その代わり水は透明度を取り戻す

    年間を通して多くの観光客が訪れる水の都・ベネチア。そんなベネチアもイタリア政府が全土封鎖の措置をとったことにより、観光客の足は途絶え、観光名物であるゴンドラも軒並み運航が停止した。しかし、これが思わぬ好影響をもたらしている。運河を流れる水の透明度が格段に上がったのだ。

    8
  • バルコニーで歌う女性(イタリア・ローマ)
    アップデート: 2020年03月17日 17:35
    2020年03月17日 17:35

    世界の「バルコニー」から:外出禁止令発令中、市民はどう楽しむ?

    先週、外出禁止令が発令されたイタリアに続き、フランス全土でも15日間の外出禁止令が出され、さらには違反者には罰金が課されるという。しかし、ただ自宅で大人しくしているだけではつまらない。暇を持て余した市民たちは検疫期間中も楽しもうとそれぞれ工夫を凝らしているようだ。

    新型コロナウイルス
    14
  • 舞台で審査中のボディビルダーたち
    アップデート: 2020年03月16日 23:00
    2020年03月16日 23:00

    露・ノヴォシビルスクでボディビル選手権が開催

    3月14日、ロシアのノヴォシビルスクにてボディビル選手権が開催された。シベリアから集結した選りすぐりのビルダー総勢130人がみごとな肉体美を披露した。

    15
  • 東京五輪の聖火採火式(ギリシャ・古代オリンピア)
    アップデート: 2020年03月13日 20:10
    2020年03月13日 20:10

    今週のベストショット 3月7日-3月13日

    スプートニク日本は、世界の通信社の特派員がこの一週間で配信した最も興味深くホットな写真の数々を皆さんに御紹介します。

    19
  • シロクマに跨って街をパトロールする警官 
    アップデート: 2020年03月12日 18:30
    2020年03月12日 18:30

    恐竜と散歩、白熊でパトロール:ロシア人アーティスト作の不思議なコラージュ画像

    ロシア第二の都市・サンクトペテルブルグ出身のアーティスト、ヴァディム・ソロヴィヨフさんはペテルブルグの町並みを「コラージュ」し、現実と幻想が入り混じったふしぎな写真を作成している。

    12
  • 311未来へのつどい「Peace on Earth」献花する人々(東京・日比谷公園)
    アップデート: 2020年03月11日 19:05
    2020年03月11日 19:05

    311を忘れない:震災から9年、各地で黙祷 行方不明者の捜索も続く

    2011年に発生した東日本大震災から今日で丸9年となった。新型コロナウイルスの影響により、予定していた政府主催の追悼式は中止となったものの、被災地をはじめ各地で市民が集い、地震発生時刻の14時46分に黙祷がささげられた。

    14
  • イスラム教徒の聖地メッカのカーバ神殿 (サウジアラビア)
    アップデート: 2020年03月10日 22:25
    2020年03月10日 22:25

    メッカから観光名所、そして教室まで:世界中の「人のいない」街

    新型コロナウイルスの感染拡大は世界100ヶ国以上に拡大し、世界全体での感染者は11万人、死者は4千人超となった。感染が確認された地域では、検疫措置や隔離により市民は外出を控えるようになった。これによって観光地はもちろん、広場やショッピングモール、カフェ、学校など、本来ならば多くの人で賑わっていた場所も閑散としている。

    12
  • 犬ぞりレースに向け10キロを走ったシベリアンハスキー(ロシア・クラスノヤルスク)
    アップデート: 2020年03月06日 20:46
    2020年03月06日 20:46

    今週のベストショット 2月29日-3月6日

    スプートニク日本は、世界の通信社の特派員がこの一週間で配信した最も興味深くホットな写真の数々を皆さんに御紹介します。

    18
  • エアバスA350-900型機と客室乗務員 
    アップデート: 2020年03月05日 21:42
    2020年03月05日 21:42

    アエロフロート 同社初のエアバスA350-900型機を披露 今夏、関空にも就航

    2月28日、アエロフロート・ロシア航空は、同社で初となるA350-900型機をエアバスから受領し、モスクワにあるシェレメチェボ国際空港でプレスリリースを行なった。同機体は3月6日から運行が開始され、モスクワからロンドン、ドバイ、ニューヨーク、マイアミ、北京、大阪などを結ぶ路線で投入される。

    15
  • コンスタンチン・チャラボフさん(ロシア・モスクワ出身) iPhone 11 Proで撮影 
    アップデート: 2020年03月04日 23:00
    2020年03月04日 23:00

    全てiPhoneで撮影! Apple社「ナイトモード」コンテスト受賞作品

    Apple社が今年1月に開催したフォトコンテスト「Shot on iPhoneナイトモードで撮影チャレンジ」の受賞作品が発表された。厳正な審査の結果選ばれたのは、中国、インド、スペイン、ロシア出身の6名が撮影した写真たち。スマートフォンで撮影したとは思えないほど本格的で美しいナイトショットをご覧いただこう。

    6
  • 音楽フェス「World of Drum&Bass」を訪れた女性 (ロシア・モスクワ)
    アップデート: 2020年03月04日 07:50
    2020年03月04日 07:50

    ウイルス対策もお洒落に:世界中で見かけた個性的なマスク

    中国武漢市から始まった新型コロナウイルスは今、世界中に猛威をふるっている。この影響で、日本のみならず普段マスクをする習慣のない国でもここ数週間のうちに一気に需要が高まった。しかしマスクの色は白一辺倒というわけではなく、形や柄までも十人十色だ。様々なマスクでウイルス対策をする世界中の人々をスプートニクでご紹介。

    18
  • 当時小学6年生だった大沼さんが発案した標語 2015年に老朽化のため撤去されている
    アップデート: 2020年03月02日 19:43
    2020年03月02日 19:43

    原発事故から9年、復興めざして:福島県双葉町の今

    東日本大震災と福島第一原子力発電所事故からまもなく9年を迎えようとしている。原発の5号機と6号機が立地し、これまで唯一の全町避難が続いていた福島県双葉町は、今月4日、その避難指示が一部解除される。事故後9年目にして、町は復興へ向けようやく第一歩を踏み出す。

    12