浜田和幸参議院議員: ヨーロッパの戦争回避に日本が助力

ドンバスではウクライナ軍による砲撃が激化した。ウクライナ軍は休戦合意を遵守していない。もしこの状況が一層激化した場合、西側はおそらくこの責任の全てをロシアにおしつけるだろう。浜田和幸参議院議員はこの問題ついてのご見解をラジオ「スプートニク」に語ってくださった。

安倍首相 - Sputnik 日本
浜田和幸参議院議員:対露制裁は安倍政権批判の材料となっている
Q:先ごろ、安倍首相はウクライナのポロシェンコ大統領と会談を行いました。安倍首相はポロシェンコ大統領ほか、ウクライナの指導部にどういった影響を与えることができるでしょうか?

A:「やはり日本とすればウクライナの安定に向けて協力するのが基本的姿勢なんですね。
日本はこれまでもウクライナの下水道、交通網の整備をJICAなどを通じ協力をしてきました。日本と旧ソ連邦のウクライナの間には様々な人的交流がありましたし、ウクライナは穀倉地帯であるのと同時に古い歴史文化遺産もたくさんあるため、日本としてはロシアとの関係が落ち着くように、側面的な支援と安定につながるような協力をするというのが基本的姿勢です。
今回安倍総理はポロシェンコ首相と会って、経済、技術的支援を約束しました。これは日本では総理の初のウクライナ訪問という歴史的イベントとして大変高く評価されています。」

Q:今、ドンバス状況は緊張化しており、戦争の勃発の危険性が高まっています。もし開戦という事態になった場合、西側諸国は今までと同じようにロシアにその罪をおしつけ、新たな制裁を発動する恐れがあります。そうなった場合、日本は新対露制裁を支持するでしょうか?

浜田和幸参議院議員:日本はロシア、ウクライナ双方との関係を重視している - Sputnik 日本
浜田和幸参議院議員:ウクライナ人ナチストの正当化発言は日本には伝わっていません
A:「日本は欧米諸国とは立場が違います。もちろん、欧米諸国と歩調を合わせることは考えると思います。今ウクライナ東部で起きている緊張状態は、ロシアとウクライナのどちらの責任があるのかといった現地情勢が十分に把握できていません。ロシアが一方的に緊張状態を生み出しているとは言い切れない側面があると思います。 そういった意味で日本が一方だけに組するのは日本の国益上、日本の対露関係上、決して望ましいこととは思いません。

今、岸田外務大臣が近々モスクワを訪問する日程の調整が進んでいますし、プーチン大統領が本来であれば昨年訪日されるはずでしたが、このウクライナ問題で延びていますから、きちんとした日露の首脳会談を行えるようにするためにも、日本が一方的にロシアを非難することは避けたいと思っています。

ですから客観的な兵力の引き離しはミンスク合意に従い、ロシアにも責任はありますが、ウクライナにも責任があるわけですから、ここは両者に責任をきっちり果たしてもらうことを米国、ドイツ、フランスも日本も側面から支援する必要があると思っています。」

Q:ウクライナ危機の平和的解決のための日露の協力の形とは?

A:「 日本はロシアともウクライナとも様々なパイプを持っています。そういう意味で日本が調整役として欧米諸国に対し、ロシアを含めた和解強調の場を作るということです。
G7はロシアを除外して行われましたが、そういう場は決して問題の解決にはつながらない。日本はやはり当事国であるロシアを交渉のテーブルにつくよう、ロシア側に働きかける必要があると思っていますし、ウクライナ側にも、根本的にはこれはやはり日本とウクライナの間で決着をつける。
そのための側面的な支援であれば、日本はやぶさかではありませんが、今のように一方的にロシアを排除して緊張感を高める、あるいは場合によっては戦争ということは絶対に避けなければならないと思っています。」

 

 

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала