登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

チャールストンで銃乱射事件:憎悪による大量殺人

© AP Photo / David Goldmanチャールストンで銃乱射事件:憎悪による大量殺人
チャールストンで銃乱射事件:憎悪による大量殺人 - Sputnik 日本
フォローする
米国サウスカロライナ州チャールストンで銃の乱射事件があった。現場は非常に古い教会で、その教会の信者は主に黒人だった。犯人は白人男性で、まだ捕まっていない。死者は9人に上っている。市の警察が発表した。

8人がその場で即死、2人が病院に搬送され、うちの1人が怪我により死亡した。

犯行動機

市の警察署長グレゴリー・マレン氏によれば、チャールストンの大量殺人は(民族的または宗教的)憎悪を動機としたものである。

上院議員も犠牲に

サウスカロライナ選出上院議員で現地の教区長だったクレメント・ピンキン牧師も死亡した。

犯人の捜索続く

警察署長によれば、犯人と見られる20代前半の金髪の白人男性の捜索が続けられている。

大統領候補もニアミス

米国次期大統領選で他候補をリードしているヒラリー・クリントン氏とジェブ・ブッシュ氏も危うく事件に巻き込まれるところであった。選挙に向けた遊説で、両氏は相次いでこの町を訪れることになっていた。民主党からの出馬を狙うクリントン氏は事件の直前までチャールストン市中心部にいた。ブッシュ氏は木曜同市を訪れる計画だった。しかし今回の事件で予定はキャンセルされた。

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала