日本政府 ウクライナ情勢及びG7を考慮しつつロシアとの軍事交流を進める意向

© Flickr / Flazingo Photos日本政府 ウクライナ情勢及びG7を考慮しつつロシアとの軍事交流を進める意向
日本政府 ウクライナ情勢及びG7を考慮しつつロシアとの軍事交流を進める意向 - Sputnik 日本
日本は、ウクライナの状況やG7の意見を考慮に入れながら、ロシアとの防衛分野での交流及び協力関係を発展させてゆく意向だ。火曜日、閣議で報告された2015年度防衛白書の中では、そう述べられている。

また白書の中では、次のように指摘されている-

「ロシアは、欧州、中央アジアそしてアジア太平洋地域における安全の維持において、大きな影響力を持っている。日本にとってロシアは、重要な隣国であり、防衛分野での日ロ交流を深め、信頼と協力関係を発展させる事は極めて重要である。

防衛省は、ロシアとのコンタクト発展において特に、ウクライナの状況、それに関連したG7との連帯を考慮している。

しかしそれと同時に、ロシアとの不測の事態あるいは不必要な摩擦が生じないように、ロシアとの実務コンタクトを絶やさないことが重要である。防衛省は、こうした点を総合的に考慮しながら、ロシアとの交流を発展させている。」

 

 

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала