中国の警備艇が尖閣諸島海域に侵入

© AP Photo / Emily Wang尖閣諸島
尖閣諸島 - Sputnik 日本
水曜日、日本の沿岸警備隊が伝えたところでは、二隻の中国の警備艇が、日中間で領土問題をめぐり係争中の東シナ海の尖閣(中国名;ジャオユイダオ)諸島海域に侵入した。

共同通信によれば、中国船が、日本のコントロール下にある尖閣諸島周辺海域に現れたのは、今年に入って21回目の事だ。

共同通信は、第11管区海上保安本部(那覇市)の発表を引用し「今回領海に侵入したのは、中国海警局所属の公船『海警(ハイツジン)2307』と『海警2308』の2隻で、日本側は退去を求めた」と報じた。これに対し中国船の乗組員らは、中国語と日本語で「この海域は、中国の法的管轄下にある」と答え、日本船に対し逆に退去を求めた、との事だ。

東シナ海の係争海域における日本と中国の関係は、2012年、日本政府が、島の地権者から、中国も領有を主張している5つの島のうち3つを買入れた後、大きく悪化した。

 

 

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала