日本の宇宙ステーション補給機 任務完了

© 写真 : NASA日本人宇宙飛行士のISSへの飛行は「プログレス」の不測の事態により延期の可能性
日本人宇宙飛行士のISSへの飛行は「プログレス」の不測の事態により延期の可能性 - Sputnik 日本
日本の宇宙ステーション補給機「こうのとり」5号が、国際宇宙ステーション(ISS)から離脱し、大気圏に突入、任務を完了した。宇宙航空研究開発機構(JAXA)が発表した。

「こうのとり」5号は8月24日、打ち上げロケット「ファルコン9」の打ち上げ失敗によって届けることができなかった食料や機材など5.5トンの物資をISSに届けた。

新宇宙記録樹立者ゲンナジー・パダルカ(ロスコスモス) - Sputnik 日本
地球に帰還したISSクルー、降下カプセルから脱出
「こうのとり」5号には、5種類のウイスキーのサンプルも搭載され、ISSに届けられた(これまでISSにはスコッチウイスキーのサンプルしか持ち込まれたことがなかった)。ウイスキーは、ISSに滞在する6人の宇宙飛行士たちが飲むのではなく、実験のために送られた。日本の研究者たちは、微小重力環境が数種類のウイスキーにどのような影響を与えるのかを実験する計画。

また日本は、宇宙でマウスを飼育して加齢研究を行うために、12匹のマウスもISSへ送った。
なお「こうのとり」5号は、ISSの廃棄物や不要な機器など4.6トンを搭載して大気圏に突入した。「こうのとり」5号は、南太平洋上で大気圏に突入、ほとんど燃え尽き、部品の一部だけが燃え残って南太平洋に落下した。

JAXAは、無人補給機「こうのとり」のISSへの飛行が今後も続けられることを確認した。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала