エジプトに墜落したロシア機、以前に尾部が損傷していた

© Sputnik / Maxim Grigoryev/TASS/POOLエジプトに墜落したロシア機、以前に尾部が損傷していた
エジプトに墜落したロシア機、以前に尾部が損傷していた - Sputnik 日本
エジプトに墜落した「コガルィムアヴィア」の旅客機は2001年に尾部を損傷していた。

ロシア機はなぜ墜ちた?現時点で分かっている事 - Sputnik 日本
ロシア機はなぜ墜ちた?現時点で分かっている事
問題のA321機はベイルート-カイロ便に就航中、滑走路に尾部をぶつけ、大きく損傷させていた。当時同機は別の会社が運用していた。

「このこと事態に別段の意味はない。しかし人々は、尾部の故障がきちんとリペアされず、たとえば7年前にも故障が再発したことを記憶している。ただし、A321は非常に安心できる飛行機だ」とのこと。

「コガルィムアヴィア」社は先にツポレフ機の技術的問題に関連して「2つのちょっとした出来事があった」としている。

「コガルィムアヴィア」社のA321機は土曜、シャルム・エル・シェイクからサンクトペテルブルクへ向かう途中、シナイ半島に墜落した。乗員7名、乗客217名全員が死亡した

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала