登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

アルゼンチン 人家で重さ2,5トンの隕石の破片見つかる

フォローする
アルゼンチン北部のサンティアゴ-デル-エステロ州の人家で、警察隊により、重さ約2,5トンの隕石の破片が押収された。木曜日、地元警察が発表した。

気候変動 - Sputnik 日本
チャールズ皇太子が指摘、移民危機とテロは気候変動と関連
エクアドルTVの報道では、隕石の破片は、袋詰めされ、家のあちこちに隠されていた。アルゼンチンの法律は、隕石の破片を保護しており、その販売は禁止されている。隠し持っていた人物は、欧州でそれらを売りさばく予定であったと見られている。

隕石の値段の相場は、20キロで約5000ドルと言われている。警察当局は今のところ、隕石の破片の所有者に関する情報、不動産業を営んでいるその人物が隕石の密売にも関与していたのかどうかについては、明らかにしていない。

隕石の破片が見つかった場所は、現地で「カムポ-デル-スィエロ(天の原)」と呼ばれる場所で、今から4千年前、多くの隕石が降った所として知られている。今年5月にも、地元警察は、重さ1,5トンの隕石の破片を、道路を走行中の普通トラックの荷台から発見し、押収している。

 

 

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала