宜野湾市長選、米軍基地県内移設賛成派が当選

© AFP 2022 / Jiji Press宜野湾市長選、米軍基地県内移設賛成派が当選
宜野湾市長選、米軍基地県内移設賛成派が当選 - Sputnik 日本
宜野湾市長選で、米軍普天間基地の県内移設に賛成する現職の佐喜真淳(さきま・あつし)氏が再選した。NHKが報じた。

宜野湾市長選:ディズニー誘致はお笑い政策、政府の支援は無し - Sputnik 日本
宜野湾市長選:ディズニー誘致はお笑い政策、政府の支援は無し
宜野湾には普天間基地がある。日米両政府は2006年、県内の名護市辺野古への移設で合意。基地は2019年2月までに閉鎖される、とした。辺野古への移設のためには海岸線を157ヘクタール埋め立てねばならない。地元住民および名護市当局はこれに固く反対している。

昨年沖縄県知事に選ばれた翁長雄志氏もまた県内移設に反対し、先の決定を撤回するよう求めている。中央政府と国は紛争を法廷で解決しようとしており、移転計画の遅延は不可避だ。

宜野湾市長に佐喜真氏が再選されても県と中央政府の対立構図には変化がない。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала