ブレント原油先物4月限の価格 36ドルを突破

ロシアのノヴァク・エネルギー相が2月に産油国と協議する可能性があると発表した後、ブレント原油先物4月限の価格が、1バレル=36ドルを突破した。なお協議では、各国の原油生産5パーセント削減について話し合われる可能性があるという。

原油価格、再び下落し始める - Sputnik 日本
原油価格、再び下落し始める
モスクワ時間で28日17時30分の時点で、北海ブレント原油先物4月限の価格は5・53パーセント高の1バレル=35.・8ドルとなった。なおその前、北海ブレント原油先物は、1バレル=36・73ドルに達した。

WTI原油先物3月限の価格は、5.63パーセント高の1バレル=34・12ドルとなった。なおWTI原油先物3月限は先に、1バレル=34・81ドルまで上昇した。

ロシアは、原油の低価格および産油量の縮小を協調するために2月、OPECおよび他の産油国らとの間で開かれる会議への参加を確証した。ロシアのノヴァク・エネルギー相が記者団に対して明らかにした。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала