ごみ清掃員、粗大ごみから1万5000ユーロを発見

ドイツのエルフルト市の清掃員28歳がごみに出されていたソファから1万5000ユーロを発見した。老夫婦が引っ越し前に粗大ごみに出していたものだった。お金は持ち主に返された。ベルリーナ・クーリエが報じた。

ドイツの法律では、発見者の清掃員は発見額の3%を受け取ることができる。報奨金の額は450ユーロだ。

お金は2つの封筒に入っており、一通が少し破られていた。所有者は80歳以上の年金生活者だったという。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала