ロシア 国連安保理にシリアの主権保持に関する決議提出の意向

© AFP 2022 / MOHAMMED AL-KHATIEBシリア北部の都市であるアレッポ
シリア北部の都市であるアレッポ - Sputnik 日本
ロシア外務省によれば、19日、ロシアは、国連安全保障理事会に、シリアの主権を損なう行為中止を求める決議案を持ち出す。

シリア国連大使「イドゥリブの病院は、仏諜報機関の支部」 - Sputnik 日本
シリア国連大使「『国境なき医師団』の病院は、仏諜報機関の支部」
ロシア外務省のサイトに発表されたマリア・ザハロワ報道官の声明は、次の通り-

「ロシアは、国連安保理事会に、決議案を持ち出す計画だ。その中には、シリアの主権及び領土保全を損ない、シリアの和平プロセス始動に向けた努力に矛盾するあらゆる行為を止めさせる要求が含まれることになるだろう。

この決議は、シリア領へのダーイシュ(IS,イスラム国)戦闘員の侵入や、トルコによるシリア北部への軍部隊導入計画をロシアが憂慮していることから、作成されるものである。」

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала