西側諸国 ドイツ民主共和国で人体実験を行っていた

© Fotolia / luchshen西側諸国 ドイツ民主共和国で人体実験を行っていた
西側諸国 ドイツ民主共和国で人体実験を行っていた - Sputnik 日本
ベルリンにある医学の歴史・倫理研究所の研究者たちは、1961年から1989年の間にドイツ民主共和国(DDR)で国民に対し西側の製薬会社が開発した薬剤を使った約900件の医学的な実験が行われていたことを明らかにした。

研究室 - Sputnik 日本
英国で人間と動物の合成に関する規則が策定される
研究者たちの報告書によると、実験はDDRの共産主義政府と協力して行われ、西ドイツの企業だけでなく、米国、スイス、英国、フランスの企業も実験に取り組んでいた。「ザ・ローカル」紙が報じた。

DDR当局が実権に関心を示していた理由は、西側の製薬会社が倫理的観点から見て疑わしい実験に対して支払っていた外貨の必要性だった。

なお報告書でもそれが記されているものの、全ての実験は、21世紀のより厳格な基準は満たしていなかったが、当時の国際基準に従って行われたと述べられている。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала