世界で最も交通事情が劣悪な国が発表

© Sputnik / Sergey Malgavko世界で最も交通事情が劣悪な国が発表
世界で最も交通事情が劣悪な国が発表 - Sputnik 日本
専門家は、良好な経済状況のため地球上で交通渋滞が最悪となった国を名指しした。

日本警察 - Sputnik 日本
日本警察 山陽道のトンネル事故を引き起こしたトラック運転手を逮捕(写真)
シアトルに拠点を置く、世界中の交通事情を調査する分析会社INRIXによれば、世界最悪の交通渋滞国は米国である可能性がある。

平均的な米国の郊外都市住民で、定期的に仕事と自宅を車で往復する人は、年間50時間を渋滞で過ごす。ただ、米国の大都市圏公害に住む人は、それよりはるかに多く、たとえば、ロサンゼルス近郊住人は年間81時間、ワシントン、サンフランシスコの住民は75時間を過ごす。

理由は第一に、米国の経済的な繁栄にある。すなわち、低燃料価格、低失業率と人口増加。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала