ボーイング機墜落現場、「赤色」危険警報が発令中

© REUTERS / Sergei PivovarovРодственники пассажиров самолета Boeing-737-800, который разбился при посадке в аэропорту Ростова-на-Дону
Родственники пассажиров самолета Boeing-737-800, который разбился при посадке в аэропорту Ростова-на-Дону - Sputnik 日本
ロストフ州では嵐のような風と大雨が2日間続く。ロシアの水文気象センターによると、南ロシアのロストフ州など諸地域で、最高度の危険を示す「赤色」警報が発令されている。大事故を誘発しかねない、非常に危険な天候、という意味だ。

Boeing 737-800 - Sputnik 日本
墜落ボーイング機、2時間以上着陸を試みていた
同センターによれば、ロストフ州の大部分で、19-20日、みぞれまじりの湿った雪や雨が降り、秒速30メートルの暴風が吹く。ロストフ・ナ・ドヌーでは今日のうちに月間降水量の4分の1にあたる51ミリメートルの降水が予想される。

ドバイからロストフ・ナ・ドヌーへ飛んでいた旅客ボーイング機が3月19日、視界不良状態での着陸時、墜落した。児童4人を含む55人の乗客と7人の乗組員は全員死亡した。

飛行機は滑走路から200メートル以上下離れたところに墜落した。航空機は地面と接触し、粉々に壊れた。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала