カンボジアの首相、フェイスブックの「いいね」を買収した疑い

© AP Photo / Heng Sinithフン・セン首相
フン・セン首相 - Sputnik 日本
カンボジア野党指導者サム・ランシー氏が同国首相を告発した。フェイスブックの「いいね」を買収し、人工的に人気を高めた、というのである。

きっかけは、地元紙プノンペンポストの報道。それによると、2015年9月に設立されたフン・セン首相のページには、すでに320万人のフォロワーがいる。しかしそのうちカンボジア国民は20%のみで、残りはインド人だという。本人は買収を否定している。

首相は来年の地方選挙と2018年の全国調査に若い有権者を引き付けるべく、SNSに力を入れている。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала