オリバー・ストーン監督 クリントン候補を汚職で告発

© Sputnik / Grigoriy Sisoev / フォトバンクに移行オリバー・ストーン監督 クリントン候補を汚職で告発
オリバー・ストーン監督 クリントン候補を汚職で告発 - Sputnik 日本
米国の著名な映画監督オリバー・ストーン氏は、米大統領選挙民主党候補使命争いのトップを走っているヒラリー・クリントン前国務長官を、汚職問題で告発した。

監督は、自身のFacebookの中に、大統領選挙で民主党を代表するのは、サンダース上院議員であるべきだと書き込んでいる。

ヒラリー・クリントン氏 - Sputnik 日本
米国国務省、クリントン氏に対する内部調査を中断
ストーン監督は、次のように主張している―

「彼は、少なくとも、財政上の分別から、外国に対する我々の干渉を縮小し、部隊を故国に帰し、憎しみのために何兆ドルも費やさず、お金を自国民や学校そしてインフラに投じて、祖国を守ろうと試みる心積もりのある唯一の候補者だ。

また国政における汚職に反対する唯一の候補者でもある。

一方クリントン候補は、汚職にまみれている。」

3月26日の段階で、民主党の大統領候補指名争いでは、クリントン前国務長官が大きくリードしている。彼女は、サンダース上院議員の952人に対し、1690人の選挙人を獲得した。なお確実に民主党候補となるためには、2383人の選挙人を集める必要がある。

米国大統領選挙は、今年秋11月8日に実施される。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала