歴史家 2030年までに英国の君主制は終わる

© AFP 2022 / Leon Nealエリザベス女王
エリザベス女王 - Sputnik 日本
英国では長い間、女王エリザベス2世への敬意のみにより、市民は君主制の妥当性に関する問題に沈黙している。ロンドン大学ロイヤル・ホロウェイ・カレッジの歴史家のアンナ・ワイトロク氏は、このような確信を示している。ロシア・トゥデイが伝えた。

サウジアラビアの若者 ロンドンで金の自動車を乗り回す - Sputnik 日本
サウジアラビアの若者 ロンドンで金の自動車を乗り回す
ワイトロク氏は、「英国王室の最も尊敬されている高齢世代がこの世から去るにつれ、君主制の未来に関する問題はより切迫するだろう」と述べた。

ワイトロク氏は、2030年までにより大勢の人が君主制廃止を支持するようになるだろうと考えている。

ワイトロク氏は、英国で君主制がなくなるとは主張していないが、この問題の協議を避けることはできないだろうと述べている。

2012年、女王エリザベス2世の支持率は90パーセントだったが、君主制の支持率は全体として低下している。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала