ウラジオストクで鉄スクラップから放射性危険物が見つかる

ウラジオストク港の国境検問所で税関職員が、鉄スクラップが入ったコンテナから放射線危険物を見つけた。

ヤブカ(藪蚊) - Sputnik 日本
放射線vsジカ熱 ブラジルで蚊駆除の新たな試み
税関は次のように伝えた-

「鉄スクラップの入ったコンテナ表面の放射線量は、暫定的な評価によると、毎時3マイクロシーベルト以上で、自然放射線の35倍以上だった。」

ウラジオストクで港の税関管理区で放射線危険物が見つかったのは、この1か月で4回目。危険物の処理は、ロシア連邦消費監督庁が決定する。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала