広島市長 核廃絶に向けた具体的措置をオバマ大統領に求める

© AFP 2022 / Jiji Press広島の松井一実(かずみ)市長
広島の松井一実(かずみ)市長 - Sputnik 日本
13日、広島の松井一実(かずみ)市長は、米国のオバマ大統領に対し、言葉のみにとどまらず、核廃絶に向け実際的な措置を講ずるよう求めた。

松井市長は、この発言を、間近に迫ったオバマ大統領の広島訪問に関連し、広島市役所で開かれた記者会見で行った。

市長は、次のように述べた―

「米国大統領は、以前自身の発言の中で核廃絶について述べた。しかし、いかなる具体的な措置も講じられていない。大統領が、そうした方向に向け一つでもまた二つでも、廃絶への動きを進めるようなメッセージを打ち出してほしい。米国大統領は、米国の原子爆弾により被害を受けた人々の願いを聞かなくてはならない。」「

また松井市長は「現在、オバマ大統領が被爆者と対面する場を設定できないかと考えている」と伝えた。しかし、伝えられているところでは、米国行政府側は、今のところこれに対し、はっきりとした同意を示してはいない。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала