ロシア 国際熱核融合炉用プラズマヒーター開発

© Sputnik / Ruslan Krivobok / フォトバンクに移行ロシア 国際熱核融合炉用プラズマヒーター開発
ロシア 国際熱核融合炉用プラズマヒーター開発 - Sputnik 日本
ロシアは、国際熱核融合プロジェクト「インテル」(International Thermonuclear Experimental Reactor)用プラズマヒーターのための装置を開発した。ロシア国営原子力企業「ロスアトム」イノベーション管理ブロックの副責任者オレグ・パタラキン氏が伝えた。

国際熱核融合実験炉は、フランス南部カダラッシュの研究センターで建設中だ。これは、熱核融合反応から電気エネルギーを取得しようという、最初の大規模な国際的試みである。

第8回国際フォーラム「アトムエクスポ」に出席したパタラキン氏は、次のように述べた-

「ロシアでは、最高とは言えないまでも、世界最良のもののうちの一つであるジャイロトロンが開発された。これは、プラズマを過熱する装置だ。そうしたものを持っているのはロシアと日本だけで、両国はすでに、この装置を『インテル』プログラムに供給する用意がある。」

なお国際熱核融合実験炉は、EUとロシア、中国、日本、韓国そして米国が共同で建設している。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала