サウジアラビア 欧州向け原油価格引き下げ 米国向けは引き上げ

サウジアラビアの国営石油会社サウジアラムコは、欧州向け原油価格を引き下げ、米国向けの原油価格を引き上げる。ウォール・ストリート・ジャーナルが、サウジアラムコの発表を引用して伝えた。

ガスプロム - Sputnik 日本
ポーランド、ロシアとのガス協力を討議する構え
北欧地域向けの原油価格は1バレルあたり35パーセント、地中海地方向けは10パーセント引き下げられ、米国向けは10パーセント引き上げられる。なおこれは7月物の価格となる。

ウォール・ストリート・ジャーナルによると、原油価格の引き下げはイランによる2月の欧州向け原油輸出の再開と関連している。

現在サウジアラビアの原油輸出量は日量80万バレル、イランは40万バレルだが、イランは数か月以内に日量70万バレルに増加する計画。

2日、ウィーンで石油輸出国機構(OPEC)の総会が開かれ、生産量の「凍結」について話し合われたが、合意できなかった。次のOPEC総会はウィーンで今年11月30日に開催される予定。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала