マリリン・モンローと私:ブロンド美女を演じた女優たち

90年前の1926年6月1日、ロサンゼルスで、一世を風靡した女優マリリン・モンローが生まれた。時代のセックスシンボル、大統領の愛人、ナンバー1のハリウッドスター。 彼女の人生はいまだに映画製作者を鼓舞している。彼女のイメージを画面に再現した女優たちを振り返ってみよう。誰が一番いいとお思いになるだろうか。
© 写真 : The Weinstein Companyミシェル・ウィリアムズ、映画「マリリン 7日間の恋」、2011年。ミシェル・ウィリアムズは映画の中でハリウッドスターのイメージの再現に努めた。歩行をコピーし、モンローのジェスチャーを真似た。努力が報われ、この役でいくつかの権威ある賞を獲得した。
ミシェル・ウィリアムズ、映画「マリリン 7日間の恋」、2011年。 - Sputnik 日本
1/8
ミシェル・ウィリアムズ、映画「マリリン 7日間の恋」、2011年。ミシェル・ウィリアムズは映画の中でハリウッドスターのイメージの再現に努めた。歩行をコピーし、モンローのジェスチャーを真似た。努力が報われ、この役でいくつかの権威ある賞を獲得した。
© 写真 : Asylum Entertainmentケリ・ガーナー、ミニシリーズ「マリリン・モンローの秘密の生活」、2015年。幼年期、母親や夫たちとの関係、精神的問題など、モンローの個人的な生活について物語る。
ケリ・ガーナー、ミニシリーズ「マリリン・モンローの秘密の生活」、2015年。 - Sputnik 日本
2/8
ケリ・ガーナー、ミニシリーズ「マリリン・モンローの秘密の生活」、2015年。幼年期、母親や夫たちとの関係、精神的問題など、モンローの個人的な生活について物語る。
© 写真 : Home Box Office (HBO)ミラ・ソルヴィーノ、映画「ノーマ・ジーンとマリリン」、1996年。女優の複雑な内面世界の物語。
ミラ・ソルヴィーノ、映画「ノーマ・ジーンとマリリン」、1996年。 - Sputnik 日本
3/8
ミラ・ソルヴィーノ、映画「ノーマ・ジーンとマリリン」、1996年。女優の複雑な内面世界の物語。
© 写真 : Poochie Productionsスーザン・グリフィス、映画「マリリン・モンロー/素顔を捨てた女」、1991年。マリリン・モンローに似ていることでスーザン・グリフィスは何百万ドルも稼いだが、本人の人気に追いつくことは出来なかった。
スーザン・グリフィス、映画「マリリン・モンロー/素顔を捨てた女」、1991年。 - Sputnik 日本
4/8
スーザン・グリフィス、映画「マリリン・モンロー/素顔を捨てた女」、1991年。マリリン・モンローに似ていることでスーザン・グリフィスは何百万ドルも稼いだが、本人の人気に追いつくことは出来なかった。
© 写真 : Fireworks Entertainmentポピー・モンゴメリー、ミニシリーズ「偽りのブロンド ~ マリリン・モンロー」、2001年。ミニシリーズ「偽りのブロンド ~ マリリン・モンロー」は映画の世界への最初の一歩から栄光への、 ハリウッドスターの実人生の物語がもとになっている。
ポピー・モンゴメリー、ミニシリーズ「偽りのブロンド ~ マリリン・モンロー」、2001年。 - Sputnik 日本
5/8
ポピー・モンゴメリー、ミニシリーズ「偽りのブロンド ~ マリリン・モンロー」、2001年。ミニシリーズ「偽りのブロンド ~ マリリン・モンロー」は映画の世界への最初の一歩から栄光への、 ハリウッドスターの実人生の物語がもとになっている。
© 写真 : Asylum Entertainmentシャーロット・サリバン、テレビシリーズ「ケネディ家の人びと」、2011年。テレビシリーズ「ケネディ家の人びと」でシャーロット・サリバン扮するマリリン・モンローは後景に退き、大統領の家族とあの悲劇的な出来事がプロットの中央に位置している。
シャーロット・サリバン、テレビシリーズ「ケネディ家の人びと」、2011年。 - Sputnik 日本
6/8
シャーロット・サリバン、テレビシリーズ「ケネディ家の人びと」、2011年。テレビシリーズ「ケネディ家の人びと」でシャーロット・サリバン扮するマリリン・モンローは後景に退き、大統領の家族とあの悲劇的な出来事がプロットの中央に位置している。
© 写真 : Home Box Office (HBO)バーバラ・ニーヴン、映画「ラット・パック」、1998年。 1998年に撮影された映画「ラット・パック」はアーティストたちの陰謀の物語。そこには、暴力団、さらには米国大統領も巻き込まれる。
バーバラ・ニーヴン、映画「ラット・パック」、1998年。 - Sputnik 日本
7/8
バーバラ・ニーヴン、映画「ラット・パック」、1998年。 1998年に撮影された映画「ラット・パック」はアーティストたちの陰謀の物語。そこには、暴力団、さらには米国大統領も巻き込まれる。
© 写真 : Recorded Picture Company (RPC)テレサ・ラッセル、映画「マリリンとアインシュタイン」、1985年。カンヌ映画祭で賞を受賞した映画「マリリンとアインシュタイン」ではマリリン・モンローの名前が言及されてはいない。主要登場人物は 学者、女優、スポーツ選手、上院議員ら。
テレサ・ラッセル、映画「マリリンとアインシュタイン」、1985年。 - Sputnik 日本
8/8
テレサ・ラッセル、映画「マリリンとアインシュタイン」、1985年。カンヌ映画祭で賞を受賞した映画「マリリンとアインシュタイン」ではマリリン・モンローの名前が言及されてはいない。主要登場人物は 学者、女優、スポーツ選手、上院議員ら。
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала