米国 自国スパイ機への中国機の異常接近を「危険」と非難

© AFP 2022 / USAF/GREG DAVISRC-135
RC-135 - Sputnik 日本
米国防総省は、中国の戦闘機が、東シナ海上の国際空域で米国の偵察機に異常接近するという「危険な行動」をとったと発表した。ロイター通信が、米軍筋の情報を引用して伝えた。

米国防総省によれば、中国の戦闘機J-10が、米空軍の偵察機RC-135に異常接近した。

米軍機のパイロットは、中国の戦闘機の行動について、あまりに高速で行われたため危険なものだったと報告している。それ以上の詳しい情報は、伝えられていない。

5月半ば、米国防総省は、南シナ海上空でも、同様の事件が発生したと伝えている。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала