FBI、パキスタンのドロンに関するヒラリー・クリントン氏のメール捜査を開始

米連邦捜査局(FBI)は米国務省とパキスタンの米大使館に交わされた機密メールのやりとりの捜査を開始。メールにはパキスタンで急進主義者とされる人物に対し、無人機を使用して攻撃した場合の合法性について描かれている。ウォールストリートジャーナル紙が報じた。

ヒラリー・クリントン氏 - Sputnik 日本
「あなたのアカウントを削除せよ。」クリントン氏とトランプ氏 ツイッターで非難合戦
メールがやりとりされたのは2011-2012年、ヒラリー・クリントン氏の国務長官時代。ウォールストリートジャーナル紙によれば、メールの一部は、クリントン氏の住まいのあるニューヨーク郊外の無防御のサーバーの彼女個人のメールボックスに残されていた。クリントン氏は次期米大統領選の有力候補者。

FBIはこのメールの根拠を捜査中。事態は深刻な失態や職務規範の故意の違反に及ぶ恐れもある。

これより前、米国務省はクリントン氏の個人メールボックスから重要機密メールが22通見つかった事を明らかにしている。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала