英離脱の3つのシナリオーEU離脱にメリットはあるか?

イギリスの財務大臣は、イギリスがEUから離脱した場合のビジネス関係発展の、可能性のある3つのシナリオを計算した。

1つ目の可能性によると、イギリスは欧州経済領域(EFA)との協力の一環に、EUとの貿易関係を組み込む。この場合、イギリスの国内総生産は15年後には、EUに留まった場合に比べて、3.8%低くなる。各家庭の損益は平均で年2200ポンドとなる。

Sign supporting a British exit from the EU - Sputnik 日本
Brexitの是非を問う国民投票を前に原油価格が上昇
2つ目の可能性は、EUとの二国間貿易協定だ。この場合イギリスの国内総生産は2030年までに6.2%減少し、家庭は年4300ポンドずつ失うだろう。

3つ目の可能性は、世界貿易機関(WTO)のルールの枠内での貿易関係だ。これは最も損益の多いモデルで、国内総生産は7.5%減少、家族の損益は年5200ポンドとなる。

EU離脱派はイギリスは将来より利益をもたらす貿易協定をEUブロック経済圏に入っていない各国と結ぶことができ、イギリスの孤立した立ち位置は経済的により利益を得るものになるとしている。

 

 

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала