週刊「ロシアから見た日本」7月11~17日

© Sputnik / Kirill Kallinikov / フォトバンクに移行週刊「ロシアから見た日本」7月11~17日
週刊「ロシアから見た日本」7月11~17日 - Sputnik 日本
1週間の初めの月曜日に、先週1週間にロシアで報道された日本関連のニュース、解説をダイジェスト版でお届けする番組、週刊「ロシアから見た日本」です。

「日ソ不可侵条約は不可侵条約とソ連対戦準備を終えるまでの隠蔽手段」、週刊「ロシアから見た日本」7月4日から10日まで - Sputnik 日本
「日ソ不可侵条約は不可侵条約とソ連対戦準備を終えるまでの隠蔽手段」、週刊「ロシアから見た日本」7月4日から10日まで
ロシアの報道機関が日本をどういう視点でとらえているかを短い引用でご紹介。

7月11~17日号は以下のとおり。
このテーマはサウンドクラウドでお届けしております。詳しい内容をお知りになりたい方はこちらからお入りください

参院選与党大勝で憲法9条とアベノミクスはどうなる?
選挙には勝ったが、安倍政権は状況を楽観視できない。憲法改正について世論は分裂しており、連立与党内でも立場が必ずしも一致していない。経済状況も回復してはいない(「エクスペルト」誌「平和主義の落日の国」)

「日本軍」の創設は周辺諸国への脅威?

中国や韓国などの地域諸国の警戒は誇張されている。日本は国内問題で手一杯。国際的な地位どころではない。ロシアも警戒には及ばない(「イズヴェスチア」紙、ニコライ・スルコフ氏論説「改憲への動きが日本の近隣諸国を警戒させている」)

アジア太平洋地域でロシアが果たしうる役割

米中間の競争がもたらす危険性が現実味を帯びてきた。地域のすべての主要大国、すなわちロシアを含む「多極システム」が注目されるようになってきた。日本・ロシア・米国のトライアングルは実現可能だ(安全保障問題分析サイト「Охрана.ру.」、ロシアマスコミの記者キリル・アガフォノフ氏論説「アジア太平洋地域の安保システムにおけるロシアの役割、日本はどう見る」)

高まる東方経済フォーラムへの期待

ウラジオストクで9月2-3日に行われる東方経済フォーラムで日本代表団は昨年より大幅に人員を増加させ、特に農業基金の設立や、水産物加工場、中小企業間の提携などについて議論を行う構えである(極東地方の「デイタ」通信サイト)

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала