世界一高価な米軍空母、戦闘の準備できていないと判明

© AP Photo / Fabrizio Bensch/Pool米空母
米空母 - Sputnik 日本
米軍最新の空母ジェラルド・R・フォードの実戦配備は延期されると、CNNが報じた。

フォーブス:ロシアは黒海におけるNATOと米国の計画を壊した - Sputnik 日本
フォーブス:ロシアは黒海におけるNATOと米国の計画を壊した
CNNのチャンネルでペンタゴンの報告書が放送された。そこには、空母甲板での航空機の離着陸、航空交通管制の問題そして空母防衛と武器供給システムの不調が報告されている。
国防総省のマイケル・ギルモア運用試験・評価局長は次のように述べている。

「もしこれらの問題が解決されなければ、ジェラルド・R・フォードの実戦配備の可能性は非常に制限されるだろう」

ギルモア局長の評価によると、空母の離着陸システムは交換することになるという。

ジェラルド・R・フォードにかかった費用はおよそ130億ドルで、世界一高価な軍艦とされている。建造は2009年に始まり、2014年9月までには完成しているはずだったが、後に工期は2016年9月、その後11月に延期された。

先に伝えられたところによると、「我われはロシアの原子力重巡洋艦に対抗できる戦艦を作ることができなかった」 米マスメディアが報じた。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала