科学者、2100年までにどのような動物が絶滅するかを明らかに

© Flickr / SarahDepper科学者、2100年までにどのような動物が絶滅するかを明らかに
科学者、2100年までにどのような動物が絶滅するかを明らかに - Sputnik 日本
国際研究チームが調査を実施し、2100年までに絶滅する可能性がある動物を明らかにした。論文が科学雑誌バイオサイエンスで発表された。

イタチザメとシュモクザメの戦い - Sputnik 日本
イタチザメとシュモクザメの戦い
研究では、個々の種の個体数の減少速度を分析した。その結果、最も絶滅の危険が高いのは、ニシゴリラ、クロサイ、ベンガルトラ、野生のロバとバンテン(雄牛の一種)。

人類が必要な対策を講じない場合、ひ孫の代には、百科事典でのみこれらの動物について学べることになる。子孫たちはベンガルトラをマンモスやトリケラトプスと同じように学ぶだろう、とある研究者。

研究者らは絶滅の危機にある生物種の保全に真剣に取り組むよう呼び掛けている。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала