オバマ大統領の次女、レストランで働く

オバマ大統領の娘たちがどう夏休みを過ごしているかを米マスメディアが明らかにした。長女のマリア(18)は音楽フェスで踊り、夏休みを過ごすことを好み、次女のナターシャ(15)は米マサチューセッツ州に位置するマーサズ・ヴィニヤード島にあるシーフードレストラン「ナンシー」で働き、労働により興味を示している。

オバマ大統領 - Sputnik 日本
LA Times、オバマ氏の未実現の計画を明かす
新聞によると、ナターシャさんのシフトは朝早く、7時30分から始まり11時30分まで4時間続く。レストラン自体は11時開店だ。ナターシャさんはレジでの仕事やエクスプレスレジで料理を渡す仕事をしている。さらに、ナターシャさんは客が来るまでにホールを用意し、机を掃除しているという。

ナターシャさんの安全はシークレットサービスのエージェント6人が見守っている。ボストン ヘラルド紙によると、エージェントはオフロード車とレストランから近いベンチから警備しているという。同紙は、「ナンシー」は大統領家族お気に入りのレストランだ考えられているとコメントした。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала