学説:家が裕福なほど、中には虫がより多くいる

© Flickr / Matthew Murray学説:家が裕福なほど、中には虫がより多くいる
学説:家が裕福なほど、中には虫がより多くいる - Sputnik 日本
各戸には虫がいるが、 その多様性は家の裕福さによる。厳密には、住人の裕福さによる。科学誌『Biology Letters』に掲載された論文では、異なる収入の人々の家に住む虫の種類構成が比較されている。

世界最富裕層、一年の最初の一週間で1940億ドルを失う - Sputnik 日本
世界最富裕層、一年の最初の一週間で1940億ドルを失う
合計で300種以上に属する全部で1万もの異なる昆虫が集められた。

住人の年収が平均3万3510ドルの家では 74種の節足動物が数えられ、年収がおよそ17万6289ドルの家では、すでに105種が数えられたという。

このような分布の歪みはおそらく、高い収入を得ている人は家のそばに様々な種の植物がある様々な景観を作ることができ、このような家から近い庭には当然、虫含む様々な来客が訪れるため起こる。

先に伝えられたところによると、国際研究チームは、 Diploptera punctateという種のゴキブリが子に餌として与えている分泌物は、牛乳よりもおよそ4倍の栄養を含んでいると発見した

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала