メディア:米国は対テロに1兆費やしたがより安全にはなっていない

© AP Photo / Lee Jin-manメディア:米国は対テロに1兆費やしたがより安全にはなっていない
メディア:米国は対テロに1兆費やしたがより安全にはなっていない - Sputnik 日本
雑誌「アトランティック」が「アメリカは少しでも安全になったか」という記事を掲載した。 9月9日のテロから15年、米国の安全性は高くない、と著者。

プーチン大統領 - Sputnik 日本
ニューヨークタイムズ:プーチン氏に関しての危険なパラノイアが米国を席巻
メディアによると、当局は国防強化に1兆ドルを費やしてきたが、お金の多くは無駄になった。

細菌攻撃からの防護は36都市で実際の条件でテストされなかった。誰も十分安全にそれを行う方法を知らない。 それでもシステムの維持には10億ドル以上がかかっている。

10億ドルしたサイバーセキュリティプログラム「アインシュタイン」も失敗した。システムは米国の主要な人事セクションへのハッキングを防ぐことができなかった。

しかし、良い面もある、と著者。ボストン当局は訓練を積み、医師を的確に配備し病院に人を輸送するルートを計画したため、2013年のマラソンにおけるテロの後、即死した3人に加えて重体者264人のいずれも死亡することはなかった。

先に伝えられたところによると、米国は新型原子爆弾をドイツに配備する意向

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала