日本政府、南海トラフ断層を調査して地震の予想に着手

© REUTERS / Issei Kato日本政府、南海トラフ断層を調査して地震の予想に着手
日本政府、南海トラフ断層を調査して地震の予想に着手 - Sputnik 日本
日本の文部科学省は、南海トラフ全域での海底の断層の綿密な調査に着手する。日経新聞が17日に報じたところ、政府はこの作業の結果により、この地域で想定されている3つの地震、東海、東南海、南海が連動する確率を高い精度で予測できると見込んでいる。

地震 - Sputnik 日本
学者グループ 米国での大地震と津波を警告
本州から東の太平洋に位置する断層は700キロにもおよぶ。

調査には海洋研究開発機構や防災科学技術研究所が参加する。今年3月に就航した海洋研究機構の調査船「かいめい」には南海トラフの海底断層の立体図を構築するための機器が搭載されている。調査には5年かかり、初期費用として100億円~150億円が拠出される。

先に伝えられたところによると、中国の天山山脈の2地区で近い将来の地震の明らかな兆候が見られた

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала