リオで死亡した独カヌーのコーチが臓器提供

五輪が開催されているリオデジャネイロで交通事故に遭い死亡したドイツ・ カヌースラローム代表コーチのシュテファン・ヘンツェ氏(35)が、臓器を提供した。Die Weltが、リオデジャネイロ州保健省報道官の発表を引用して伝えた。

車いす - Sputnik 日本
五輪銅メダリストベリャコワ氏、車椅子でリングを降りる
ヘンツェ氏の家族は臓器提供に同意した。

ヘンツェ氏の心臓、肝臓、腎臓2つが移植され、手術は成功した。

15日、ヘンツェ氏が乗っていたタクシーが交通事故を起こした。ヘンツェ氏は病院に搬送され、手術を受けたが、死亡した。

五輪の関連ニュースはこちら

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала