登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

学者 人類はコーヒーなしで残される声明

フォローする
地球温暖化とそれによって引き起こされた気候変動はコーヒープラントでの収穫量の常時減少を導いており、2080年までには世界から野生のコーヒーが完全に消滅する可能性がある。このような結論に至ったのはオーストラリア、シドニーにある気候研究所の学者だ。英ガーディアンが報じた。

コーヒー - Sputnik 日本
朝食にコーヒーとセックス:ロンドンとジュネーヴのカフェに特別サービス登場
極端な温度と普通ではない高高度から降る雨もまた、コーヒー農場での害虫や病気の発生を引き起こしました。2012年には害虫や病気によって中部アメリカ全部で半数のプランテーションが被害を受け、収穫の85%を失ったグアテマラのコーヒーメーカーもある。

学者は、ニカラグアでは2050年までに大多数のコーヒープラントを失う可能性があり、タンザニアでは予測によると、2060年までにコーヒー収穫量は「危機的に低いレベル」に達すると述べている。

さらに20年後には、栽培品種の遺伝的多様性にとって重要な意義を持つ野性のコーヒーが地球上から完全に消滅する可能性がある。

一般消費者にとってこれは全て、コーヒー価格の上昇と味の悪化をもたらすだろう。

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала