スコットランド遺跡調査グループ:古代欧州人はネズミを「つまみ」のように食べていた

スコットランドに残る新石器時代の石造集落遺跡、スカラ・ブレイでは、長年調査が続けられているが、今回考古学者達は、4つの異なる場所の地中から、哺乳類の小さな骨1キロ以上を取り出した。前回の調査では、こうした骨が、スカラ・ブレイの集落の近くに生息していた2つのタイプの齧歯類、森ネズミとオークニーハタネズミ(Microtus arvalis orcadensis).のものであることが分かった。しかしつい最近まで、誰も、こうした小動物と人間の関係がどんなものであったかを研究してこなかった。

人類学者 中世の英国の子供たちの食べ物を明らかにする - Sputnik 日本
人類学者 中世の英国の子供たちの食べ物を明らかにする
また調査グループは、いくつかの骨には火で焼いた後が残っていたことから、ネズミは、食用に焼かれていた可能性もあると推測している。

しかしハタネズミの骨の数は、それほど多くなく、スカラ・ブレイの住民にとって、ネズミは主食ではなかったと考える根拠を、研究者に与えている。おそらく古代人は、時々、ネズミをちょっとした「つまみ」のように食べていたらしい。

先に伝えられたところによると、中国の新疆ウイグル自治区で考古学者によって1700年前に作られた餃子が見つかった

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала