ジェイムズ・ボンドはなぜ本物のスパイになれないのか?

英国の秘密情報部(通称MI-6)のアレックス・ヤンガー長官は「ブラック・ヒシトリー・マンス」からのインタビューに答え、なぜ有名な映画の主人公のジェイムズ・ボンドは本物のスパイにはなれなかったのかについて語った。

マドンナ - Sputnik 日本
マドンナ クリントン候補に投票するすべての人にオーラスセックスを約束(動画)
「MI-6のオフィサーたちはジェイムズ・ボンドとは異なり道徳規則を軽蔑したりしない。実際、道徳的に強い心棒を持つことが我々の協力に最も必要な資質となる。」ヤンガー長官はこう語っている。

ヤンガー長官は、ボンドは諜報員の選別にやってくることはなかっただろうと述べ、「MI-6の本物のオフィサーであれば感情の受け止め方では高いレベルを有しており、集団での作業を評価し、ボンド氏とは異なり、常に法を敬っている」と語った。

ヤンガー長官は、MI-6はボンド氏の愛国主義、エネルギー、執拗に追い続ける姿勢と同じものを有していると指摘している。

これより前、英国人俳優で4本の「007」にボンド役で出演したダニエル・クレイグ氏は再びこの役に戻る意向を示唆している。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала